工作日月抄

「モノクロガーデン」



モノクロ普及委員会・東京支部展 「モノクロガーデン」 に参加します。
未熟な作品で恐縮ですが、是非お立ち寄りいただければと思います。

日時:2016年1月5日(火)~1月17日(日)
   12:00 - 19:00  1月11日(月)は休廊 最終日は16:00まで
場所:Nadar
  東京都港区南青山3-8-5 M385 BLDG #12
  tel 03-3405-0436
出展者:
  芥川咲子、AN、遠藤慎二、久保正彦、くらげ、齋藤亙、
  藤谷桂子、maco☆、毛利奈知子、山本瑞穂、渡辺和彦、林和美

モノクロ普及委員会とは?
 ギャラリーNADARで生まれた、モノクロ写真を愛する人々の集まりです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
 モノクロームのモノがモノラルという意味なら、天然色に対して、すなわち欠落した美という事になるのでしょう。
 モノクロフィルムの楽しさは、見えない潜像を自らの働きかけにより(趣味の範囲の現像液がある限りですが)具現化するところにあり、そしてセルロイドの紫色の光沢の濃淡を堪能するところまでかと思います。
 もちろん、その後の暗室紙焼き作業も含みますが、今では無味なパソコン作業におきかわりました。もはやこれはデジタル領域。
 フィルム使用を推し進めるための活動なのか、それとも欠落した(シンプルとも言えますが)白黒の美を伝えたいのか、イマイチ、意図が見えません。
 もし、モノクロームの美を唱える事がメインタイトルとしているなら、それはもやは儚い事のように思います。つまり「デジタルにこだわらず」と宣言している事に疑問なのです。

harada | URL | 2015年12月22日(Tue)00:33 [EDIT]


haradaさん、こんばんは。
モノクロ普及委員会はモノクロ写真が好きな人達の集まりです。モノクロ写真を広めていくことを主な目的としていますが、カラー写真の展示もやります(笑)
節操のない活動でゴメンナサイ。


かず | URL | 2015年12月22日(Tue)22:53 [EDIT]